府中市で頭痛にお悩みの方へ

※ここで取り上げる頭痛はいわゆる一般的な頭痛(緊張型頭痛や偏頭痛)であって、緊急性の高い頭痛(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)に関しては即座に医療機関を受診するようにしてください。

 

 

これまで頭痛に悩む方を施術してきました。
その経験から言えることは、頭痛は薬に頼らずとも自然治癒できるということです。

 

 

 

 

当院に来られる方は、頭痛外来に行っても薬が増えるばかりで頭痛が改善しなかったという方ばかりです。
頭痛外来に行くと首のレントゲンを撮ったり、場合によっては頭のMRIなども撮影するでしょう。
しかし画像検査では特別な異常がなく、ストレートネックでしょうと言われ頭痛薬や首の筋肉の緊張を落とす薬を処方されて終わる方が大半です。
場合によっては首の牽引や電気を当ててくれるところもあるかもしれません。

 

 

 

 

薬が増えてしまったことで胃が荒れ、気持ち悪くなってしまうという方もいました。

 

薬の多用は副作用による薬物性の頭痛を引き起こすきっかけとなります。

 

 

 

 

このような治療は対症療法であって、頭痛を治すものではありません。

 

しっかりと頭痛を改善するためには、頭痛を引き起こしてしまう身体の状態を変えていかなければいけないのです。

 

 

 

 

 

頭痛に悩む方たち一人ひとり身体の状態が違います。
頭痛は首や頭部だけの問題ではなく、その下の背骨や胸郭、骨盤など身体全体の歪みが深く関わっています。
それらを丁寧に解消させていくことで、薬に依存せずとも改善が可能です。

 

 

 

頭痛に関わる身体の構造の中で特に重要な部分を見ていきます。

 

 

 

 

 

 

頸椎の問題

頭痛がある方の大半は頸椎に問題があります。
頭痛外来に行くとストレートネックと診断される方が大半ではないでしょうか。

 

 

また、自分で勢いよく首を捻ってボキっと鳴らすことをしていた人も、頭痛を招く原因になります。

 

 

頸椎には胸椎から頭部に行く交感神経があります。
また、副交感神経である迷走神経が頭部から頸椎を通って各内臓器官へと伸びています。
総頚動脈や椎骨動脈など頭部や脳への血液供給を行う重要な動静脈があります。

 

 

頸椎一つ一つのわずかな歪みや捻じれであっても、頸椎を通る血管や神経に与える影響は多大です。

ネッター解剖学図譜より

 

 

 

わずかな捻じれでもそれが正常な血流を妨げ、神経の働きを鈍くさせます。
その蓄積が頭痛の原因となっています。

 

 

 

頸椎のどこに問題があるのかは人によって違います。
2番がひどく捻じれていることもあれば、下の方の7番が悪くなっている方もいます。
ストレートネックと診断されている方は、本来反っている頸椎全体が、丸まった状態(屈曲位)になっている可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

頭部の問題

 

頭蓋骨の歪みや捻じれも頭痛の原因の一つです。
頭蓋骨内の膜組織の捻じれはそのまま脳内の動静脈に影響し血流を妨げ、静脈をうっ滞させます。
また人体にとって大切な脳脊髄液の還流を鈍らせます。
この脳内体液循環不全もまた頭痛の原因となりえます。

 

 

頭蓋骨に関してはこちらのページでさらに詳しく書いています。
頭蓋仙骨療法

 

 

 

 

 

上部胸椎の問題

 

頭痛専門整体に行って頸椎の施術を受けてきたけど、頭痛が改善しなかったという方の場合、ほぼこの上部胸椎の問題を起きざりにされています。
また、ストレートネックは上部胸椎の歪み・捻じれの延長線上に存在しています。

 

 

上部胸椎からは頭部への交感神経線維が出ています。
この交感神経線維は、頭部の血管を収縮させる働きがあります。

 

 

上部胸椎の歪み・捻じれは肩こりや首の痛みを招くだけでなく、頭部への血流を阻害してしまいます。
このことが頭痛の要因の一つになります。

 

 

 

胸椎はその周りの構造、つまり胸郭と密接な関りがあります。
胸椎はその中心の軸となる部分であり、上部胸椎は頸椎につながる土台ともなります。
頸椎だけ施術してもその下の土台が整っていないのならば、いくら頸椎を施術しても意味がありません。

 

 

 

胸椎の横にある脊柱起立筋群は、自律神経系(交感神経)と密接な関りがあります。
むやみやたらな押圧刺激は交感神経系の活動を亢進させ、さらなる頭痛を招く恐れがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

胸郭(肋骨、胸椎、胸骨、横隔膜)の問題

 

胸郭は胸椎、肋骨、胸骨、横隔膜などを含む複合体です。
各部分の細かな歪みや捻じれが蓄積され血流やリンパ廃液を妨げる要因となります。

 

 

横隔膜は大きな動脈が通る開口部であり、また食道が通る門でもあります。
脳・心臓・肺への血流を送り、さらに横隔膜の下にある臓器の血液を心臓まで戻すために必要なポンプでもあります。

 

横隔膜の図 ネッター解剖学図譜より

 

 

胸椎、肋骨、胸骨の歪みや捻じれは横隔膜も同様に歪ませます。
12個の胸椎、12対の肋骨、胸骨柄・胸骨体・剣状突起からなる胸骨、これらをつなぐ胸郭の筋膜や靭帯のどこに問題があるのか。
そして、その問題を丁寧に解消させていくにはやはり、高度な技術力と触診力が求められます。

 

 

 

横隔膜の捻じれや歪みは少しずつ呼吸不全を引き起こします。
気づかないうちに、蝕むように。
その結果血液・リンパ液の循環が滞り、腐敗した老廃物の蓄積が起きます。

 

 

 

この腐りかけた老廃物の蓄積が頭痛だけでなく病気や痛みの原因となります。

 

 

 

頭痛の方で横隔膜の歪み・捻じれがない方はまずいません。
この部分を解消させていくだけでも、大きな手助けとなるでしょう。

 

 

 

 

骨盤(寛骨・仙骨)の問題

骨盤は硬膜のつながりによって頭部との密接な関係があります。
骨盤の歪みや捻じれはそのまま頭部へと影響します。

 

 

 

特に右の後頭部に頭痛を感じるという方は、右の寛骨や右の仙腸関節に障害が起きていることがあります。
また、骨盤の下には骨盤隔膜という横隔膜同様に重要な血液・リンパ液を引き上げるポンプの役割を果たす組織があります。
この隔膜の重要性は前述したとおりです。

 

 

 

理想は横隔膜と骨盤隔膜が同調して自由に動いていることです。
しかし、そんな理想的な動きが出来ている人は滅多にいません。

 

 

 

骨盤隔膜が捻じれ固くなってきてしまうと頭痛はもちろんのこと様々な弊害が起こります。
下肢がむくみやすくなったり、老廃物が蓄積されやすくなります。

 

 

骨盤隔膜に含まれる肛門挙筋や肛門括約筋などが緊張してうっ血し、痔をおこしやすい状態にもなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

上述した身体の構造は、頭痛の方で特に注意してみる必要があるポイントです。
他にも鎖骨や胸郭入口、足部や膝の状態など人によって問題がある部分は様々で、それぞれが身体全体のシステムと密接に関わっています。

 

 

 

 

TOPへ