めまいの整体

 

  • 「フワフワする感じがする」
  • 「立ち上がるとクラっとする時がある」
  • 「ふらついて、まっすぐ歩けない」
  • 「病院ではメニエール病、原因不明と言われて薬を処方されるだけ」

 

 

めまいは耳の中の耳石が動いてしまったことが原因や、内耳に水がたまってしまったためと言われています。
しかし、薬を処方されるだけで中々改善しない方もたくさんいます。

 

中にはストレートネックが原因ではないかと医師に言われて当院に来られた方もいます。

 

めまいは適切に身体を整えていくことで改善が見込めます。

 

薬を飲んでいても改善しないという方は当院までご相談ください。

 

 

 

めまいの種類

頸性めまい

首が原因で起こるめまいで、めまいの中で最も頻発するものと言われています。

 

原因として筋肉の緊張や自律神経の乱れ、首の血管(椎骨動脈)の障害など複数の原因によって起こることがあります。

 

頸椎が原因として起こるめまいですが、では頸椎周りの筋肉をほぐせば治るのかといえば、そういものでもありません。

 

頸椎は頸椎単体で悪さを起こすことはなく、頸椎以外の部分が重要になっていきます。

 

胸椎や肋骨の関節のズレ、骨格の歪み・捻じれは筋肉の異常な緊張を生み、自律神経にも多くの影響を与えます。

 

また、その下の骨盤・腰椎も頸椎に影響を与えます。

 

身体全体を見て、適切に施術を施せば、ほとんどの場合改善は早いです。

 

 

 

 

メニエール病

内耳の障害によって起こると言われています。

 

発作的に片側の耳鳴りや難聴と一緒に回転するような感覚や一定方向に動いていくような感覚が起きたりします。

 

さらにめまいや吐き気が表れることもあります。

 

30〜50歳で多く発症します。

 

 

発症の原因は内耳の迷路にリンパ液が異常に溜まるためだと言われていますが、なぜそうなってしまうのかは原因が分かっていません。

 

 

 

メニエール病を一種の原因不明の病のようにしていますが、

 

実際はそうではなくメニエール病もしっかりと身体を整えていけば改善します。

 

 

オステオパシーではメニエール病の方に頭蓋骨の治療をすることで改善するという報告が多くされています。

 

 

 

つまり、頭蓋骨の歪み・捻じれを持っている方がたくさんいらっしゃるということなのです。

 

 

 

内耳に水が溜まってしまうのは、ほぼ間違いなく、頭蓋骨の歪み・捻じれによるリンパ液の循環経路の問題によるものです。

 

 

メニエール病と診断されている方は、リンパ液の循環を阻害する要因、頭蓋骨の歪み・捻じれ、頸椎、上位肋骨・鎖骨、横隔膜、胸椎、骨盤などに問題が見つかることが大半です。

 

 

体液循環が促進され、自律神経のバランスが整えば、自然と回復していくでしょう。

 

 

 

良性発作性頭位めまい(BPPV)

 

 

首を曲げた時などに起こるめまいです。

 

いわゆる耳石が動いてしまって平衡感覚が異常に刺激されて起こるめまいと言われています。

 

この耳石というのも曲者です。

 

 

 

「耳石がなんらかの理由でずれたときにめまいがおこる。」

 

 

と、大抵の方は説明を受けます。

 

 

だから、首を動かしたり回したりして耳石をもとの位置に戻してあげれば、めまいが解消するとも言われています。

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

確かに、首を動かしてめまいが止まったという方もいます。

 

しかし、当院に来られる方では、首を動かしてみて一時的に止まったこともあったけど、また再発したと仰っていました。

 

 

その方のお身体の状態は、やはりそれ相応に悪く、自律神経のバランスも乱れていました。

 

なので、めまいは起こるべくして起こっていたと言えるような身体の状態なのです。

 

 

 

 

 

「耳石の位置がずれるのがめまいの原因。」

 

 

 

 

 

この考え方は理解しやすいです。
しかし、実際に耳石の位置がずれているかどうかを確認した人はいないですし、それを元に戻す方法というのも存在しません。

 

この考え方を元に、首を回してめまいを完全に解消できた人なんてごくわずかではないでしょうか。。

 

 

 

 

 

当院で行う耳鳴りの整体

 

まず第一に首・肩を楽にしていく

 

めまいを訴える方の大半が無意識のうちに首や肩に緊張が出てしまっています。

 

まずはその緊張を解消させることが大切です。

 

 

頸椎自体の歪み・捻じれ

 

胸腰椎、肋骨の関節のズレ

 

横隔膜の捻じれ

 

骨盤の歪み・捻じれ

 

 

など身体の異常部位を正常化していくことで、自律神経系のバランスも落ち着いてきます。

 

 

 

頭蓋骨と骨盤の調整

身体のバランスが整ってきたら、今度は内耳や三半規管への血液循環・リンパ循環をさらに促進させるために、

 

 

 

頭蓋骨と骨盤の調整を行っていきます。

 

 

頭蓋仙骨療法に関しての詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

このように施術していくことで内耳や三半規管が正常に働きだし、めまいもなくなっていきます。

 

 

 

 

薬剤性のめまい

近年、高齢者の多剤服薬のリスクが言われるようになってきました。

 

デパスという薬にも副作用としてふらつきやめまいが出るとの報告があります。

 

そのような薬による影響でめまいが出ている可能性もあります。

 

特に高齢者の場合は代謝能力が落ち、薬の成分が体内に残留してしまうことで様々な副作用が起きてしまいます。

 

 

めまいに悩まれている方で普段から薬を6錠以上飲まれている方は、

 

その薬が本当に必要なのかどうかまずは考えてみてください。

 

 

 

TOPへ