府中市でお子様の起立性調節障害による辛い症状で整体を探しているなら、当整体院へご相談下さい。

 

このようなお子様の症状でお悩みではありませんか?

  • 朝起きられない
  • 午前中は顔色も悪く、学校にも行けない
  • 夜は元気になり、バイトも行くし寝ないでゲームやスマホをいじっている
  • お腹の張りや痛み、頭痛が多い
  • 疲れやすく元気がない
  • めまいや立ちくらみが頻繁に起こる
  • 食欲がない
  • やる気がないように感じてしまう

 

当院の施術は、このような起立性調節障害による症状でお悩みの方に喜ばれています。
起立性調節障害の不調を感じずに済む、生涯健康な身体を取り戻したい方は当院の施術を受けにいらしてください。

 

 

起立性調節障害とは?

起立性調節障害は自律神経のバランスが崩れることで循環器系の調節が上手くいかなくなることで生じます。

 

交感神経の働きが低下し、朝の「活動エンジン」がかかりにくいことが原因とされています。

 

「起立性」とあるように、特に立ち上がった時、起き上がった時に症状が出やすいです。

 

健康な子供であれば、立ち上がった時に血圧の低下を防ぐために「交感神経」が働き心拍数の増加や血管の収縮を起こして血圧が下がらないようにしています。

 

しかし、起立性調節障害の子はこの交感神経の働きが低下してしまっており、

 

立ち上がった時に血液が下半身に溜まってしまい、脳への血流が低下することで不快な症状が起こってしまいます。
ひどい時には失神してしまう時もあるので注意が必要です。

 

 

起立性調節障害の症状

たちくらみ、失神、思考力低下、判断力低下、朝起き不良、倦怠感、動悸、頭痛、成績低下、冷え性など、、、

 

 

これらの症状は、夜更かしをしてしまうなどの生活習慣の乱れが原因なのではありません。
生活習慣の乱れは二次的におこるものです。

 

 

自律神経のバランスが乱れ、血圧が低下したり、脳や全身への血流が維持できなくなって起こるものなのです。

 

決してお子様が怠け者・だらしないからではないのです。

 

 

何歳くらいに発症するのか?

小学校高学年ごろから徐々に増え、中学生から一気に増えます。
10〜16歳の子に起きやすいです。

 

女の子の方がやや多めで、中高生の10%にあたる約70万人が発症しています。

 

実は不登校の子供の7割は起立性調節障害を併発していると言われています。

 

起立性調節障害の厄介なところは、発症しやすい時期が思春期で高校進学という人生の分岐点に当たってしまうということです。
中学3年生で学校に行けなくなり、「このまま引きこもって、ニートになってしまうのでは」と頭を悩ませる保護者の方も多いのではないでしょうか?

 

起立性調節障害になりやすい子の特徴

真面目で気配りができて、周囲の方たちにとても気を使うことができる繊細な子に多いです。

 

このような性格の傾向は、幼稚園や小学生の時から見られています。
先生や保護者の方からは「よくできる子」「手を煩わすことが少ない子」と評価を受けます。

 

また、自分の感情を抑えて周囲に合わせて行動します。
周囲の期待に応えようとして「ノー」と言えないタイプの子が多いです。

 

このような子は無意識のうちにストレスをため込んでいます。

 

しかし、起立性調節障害になると、今までため込んでいたストレスが一気に噴き出し、とても感情的になったり、精神的に不安定になります。

 

・周囲に合わせて行動する

 

・小さいころから「良い子」が多い

 

・わがままや意思表示が少ない

 

 

どんな施術をするの?

当院ではオステオパシーの施術を行うことで、短期間での痛みの改善と再発予防を目指します。

 

 

「自律神経の乱れ」は「全身の呼吸状態」となって身体に表れます。

 

当院では「頭蓋仙骨療法」により、人間に本来備わっている「第一次呼吸(PRM)」のリズムを誘導し、身体の中の呼吸の力を正常に働かせることによって乱れた自律神経のバランスを整えます。
頭蓋領域のオステオパシーはアメリカのサザーランド博士によって発見された療法です。

 

頭蓋骨と仙骨の動きは子供の自律神経の乱れにとても影響しています。

 

頭蓋骨と仙骨の動きを整え、脳脊髄液の循環を良くしていきます。

 

また、脳幹部には血圧をコントロールする中枢(視床)があります。

 

脳幹に対してのアプローチも行っていきます。

 

 

家族・親子関係の影響

家族心理学の視点から見ると、

 

夫婦間や家族間の関係性は、形を変えて、写し鏡のように子どもに表れる時があります。

 

本来子供は健全性の塊のようなものです。

 

しかしなぜ、そのような子どもの自律神経のバランスが乱れ、起立性調節障害が起こってしまうのでしょうか?

 

もしかしたら、あなた自身(親)のものを子どもに投影してしまっているかもしれません。

 

 

 

「自分は愛されている」

 

 

 

「両親からいつも関心を向けられている」と思うと、子どもは安心感を得ます。

 

外の世界に向かう勇気や活力が持てるようになります。

 

子どもが外の世界に向かえるように安心できる家庭環境を整えてあげましょう。

 

忙しくても親子の会話は大切にし、子どもに「自分は愛されている」ということを実感させてあげることも大切なのです。

 

出来ていないことを責めるのではなく、出来ていることや良い面に目を向けて声掛けをしてあげることも子どもの自己肯定感を育むうえで重要です。

 

子どもの自律神経のバランスの乱れを解決するには、表面的なことだけに目を向けるのではなく、夫婦や親子のコミュニケーションを見直すこともとても大切です。

 

お子様の不調を良くしていくには、家族全体の理解と調和が必要なのだということを知っておいて欲しいです。

 

 

当院の想い

起立性調節障害は以前と比べ認知されるようになってきましたが、まだまだ一般的には知られていません。

 

学校の先生からはだらしない、気合が足りないなどと言われたり、

 

クラスメイトからはからかわれたり、心の無い一言を言われたりします。

 

でも、それは大きな間違いなのです。

 

子どもは決して怠けているのではなく、日々身体の不調に必死に耐えているのです。

 

そんな頑張っている子たちを少しでも楽にしてあげたい。府中市界隈の当院のまわりの子供たちには辛い思いをして欲しくない思っております。

 

施術を通してお子様のお悩みを解消し、心身ともに健康を取り戻すため全力でサポートしていきます。どうぞご安心してご来院ください。

TOPへ