自律神経失調症の整体

耳鳴り

 

耳自体に異常がなくても耳鳴りがするのは不思議なことではありません。
耳鳴り解消の秘訣は側頭骨と顎、耳への血液供給を妨げる筋肉の緊張です。

自律神経失調症

 

自律神経の乱れからくる様々な症状を総称して自律神経失調症と呼んでいます。
「自律神経が悪いから」と決めつけるのではなく、なぜ自律神経のバランスが乱れてしまうのかを考えていく必要があります。
自律神経の乱れは身体に表れます。それを見つけ出す必要があります。

お子様の起立性調節障害

 

起立性調節障害は生活習慣の乱れが原因ではありません。
決してお子様が怠けているから、だらしないからなっている症状ではないという理解をすることが大切です。
起立性調節障害でお悩みの方は副交感神経の問題が絡んでいます。

頭痛

 

頭痛の原因はシンプルです。
しかし、薬の多用や難しいことを考えてしまうことで、複雑化してしまう方が多いです。
頭痛を改善するためにはやってはいけないことがあります。
まずはその習慣を改善することが大切です。

めまい

 

ふわふわするような感じがしたり、すっきりしない。
大体が病院に行っても原因不明で「気のせい」とも言われてしまいます。
めまいは特に頭蓋骨に問題がある場合に起きていることが多いです。

不眠

 

睡眠は身体の健康を維持するために最も大切です。
必要な睡眠時間は人それぞれ違います。
短くても大丈夫な人もいれば、長めにとる必要がある人もいます。
質の良い睡眠をとることができれば、身体を壊すこともなくなります。

パニック障害

 

外に出たり、電車に乗っている時、エレベーターに乗っている時、
何気ないところで不安やパニックになってしまうのは、交感神経が緊張した状態が続いてしまっているためです。
ストレスを解消してリラックスすれば良くなると思いがちですが、そう単純ではありません。

慢性疲労

 

日中も眠い、朝起きれない、疲れが取れない
疲労の原因は睡眠不足や交感神経の緊張によるものです。
常日頃から身体が休まる状態になれていないのです。

 

 

自律神経の乱れに対する当院の考え方

 

自律神経のバランスの乱れは

 

「全身の呼吸状態」「背骨の歪み・捻じれ」「頭蓋骨の歪み」

 

となって如実に身体に表れます。

 

オステオパシーの頭蓋仙骨療法を用いて

 

全身の呼吸状態の改善

 

骨格のバランスを整える

 

ことで自律神経のバランスを回復させていきます。

 

 

自律神経系に効果の高い頭蓋仙骨療法(頭蓋領域のオステオパシー)

 

自律神経と背骨の関係

 

 

 

 

 

 

更新履歴
TOPへ